読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

club solo

全日本ファットバイク連盟 岐阜県本部

ファットバイク

人力で生きていくのには何が必要ですか?

 

今日はAerosmith を大音量で!

 

 captain nicoはもともと神戸市に生まれ神戸育ちです。

産まれてから大学生まで+社会人を神戸で過ごしました。

バブル時代は東京でブイブイ言わしていました(@_@)

 

 仕事を辞めて、少し海外を放浪し日本に帰って来たら、

阪神淡路大震災に実家で被災しました。

そしてその後、ひょんなことから岐阜で住むことになりました。

気が付けばもうかれこれ20年以上住んでいます。

岐阜に来て一番驚いたのは方言(^▽^)/ですが、それ以上に交通手段の選択肢の少なさには驚きました。

もちろん土地の面積の広さに加え人口密度などの問題もあるとは思いますがそれにしても車に頼らないと生活できない環境に驚きました。

 

 そもそも自転車との出会いは大学生の時にMTBを購入したことに始まります。

なぜかツーリングが好きでしたね。卒業旅行はNZをMTBで縦断。

その後少しカヌーにハマってしまい少し疎遠に・・・

しかし17年ほど前に小径の自転車を購入しツーリングなどに出かけていました。

 

 小径もだんだん乗らなくなったんですがふと思いたって自転車屋さんに持って行って

走れるようにしてもらいました。

でも小径自転車は安定性が悪くもう少しどっしりした物に乗りたいなと考えておりました。

 

 そして、出来るだけ近い距離は人力移動をする為2年前に新しく自転車を買いました。

今回買ったのはファットバイクです。

ファットバイクって?という方が多いと思います。

少しタイヤが太い変態さん専用の自転車なんです。

なんでとか?無駄とか?そういうことを超越している乗り物です。

購入する際もはやりのロードやクロスなどには目もくれませんでした。

あんなものは〇〇〇〇野郎の乗り物です!

スピードは出ませんがのんびり走るにはご機嫌なマシンです。

f:id:fatbike:20170318110711j:plain

 

 難点はなんといっても目立つことかな。

近所にも怪しまれますし、色んなところで声をかけられたり、驚かれたり!

それとちとデカく重い事。

 

 まあそんなことは小さいことなんで気にするほどのことではないと思いますがね。

ということで人力で移動できるように心がけています。

 

 と、長々と書きましたが自転車に乗って外へ出かけましょう。

そして4月9日にのんびりポタリングやります(^▽^)/

一緒に出掛けましょう。

 

車を手放して自転車生活ができることが理想ですが最初は中々難しいでしょう。

公共交通機関が発達している都市部では可能でしょうが。

でも少しの努力から世の中が変わると思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渥美サイクリングロードでポタリング その2

サイクリングロードにスロープの無い階段ってどうよ?

つまらんサイクリングロードに降りていきます。 面倒くさい!

f:id:fatbike:20170306212532j:plain

こりゃ時間の無駄やしせめてまともなスロープ作れよ、と言いたい!

帰りはグダグダのポタリングなんでぴったりな曲を・・・


Prince "Darling Nikki" Audio

まあ私みたいなゴキゲンなファットバイカ―からすればこのまま降れば良いだけなんですが・・・ね。

リム打ちしてパンクしたらどないしてくれるねん!ということですわ。

 

でもね、サイクリングロードに出ればこの景色。

f:id:fatbike:20170306212940j:plain

 

素晴らしいぜ!

しかも磯遊びができそう。

f:id:fatbike:20170306213043j:plain

 

イソギンチャクや亀の手もいて私はコーフン気味。

生き物もそこそこいましたわ。

こりゃ遊べるぜい~遊びに来たい人いますか~??

f:id:fatbike:20170306213419j:plain

 

これなら磯遊びだけでも楽しめそう。

これくらいの水質なら年中遊べそう。

後は風がどうかですよね。

昨日みたいに風が吹くとどうしようもないですからね。

 

そして続けてサイクリングロードを走りました。

f:id:fatbike:20170306213937j:plain

 

なんか海の方に浮いてるんですよ~

よく見ると人影でした。

f:id:fatbike:20170306214033j:plain

 

サーファーです。

この辺は絶好のポイントなんでしょうね。

ドライを着てる人やウエットで頑張っている人まちまちです。

この季節の水温は低そうなんですがね。

f:id:fatbike:20170306214233j:plain

 

良く見るとビーチに車を泊めてる人も・・・

f:id:fatbike:20170306214330j:plain

 

意外と車でいっぱいです。

トイレもあるので快適そう。

f:id:fatbike:20170306214454j:plain

 

そのまますぎていくと道の駅へ近づきます。

f:id:fatbike:20170306214558j:plain

 

港を通り越せばあかばねロコステーションです。

f:id:fatbike:20170306214655j:plain

 

駐輪場も完備です。

f:id:fatbike:20170306214744j:plain

 

露店が出てました。

ブロッコリー3個300円。

ネギ2本で100円。

安いですよね、荷物を増やしたくなかったので買いませんでしたが・・・

 

レストランで食事

9時から20時半まで営業らしいです。

大アサリ焼きと私は海鮮丼、くまさんは何を喰ってたかは不明。

それなりの味です。

私は飲みたくなかったんですが怖~いくまさんがどうしてもということでビールも少し・・・これが後々響きました。

 

道の駅長時間の駐車はやめてくれと掲示があります。

車中泊はやめた方が良さげです。

 

食事の後は砂浜に

f:id:fatbike:20170306215416j:plain

 

風は無かったですが砂を噛みますね。

f:id:fatbike:20170306215550j:plain

 

キャンプがだめだとは書いていません。

夏ごろ来たらどうなんでしょうね。

あんまり無理は言いません、夏ごろの作法が知りたいです。

キャンプできれば最高なんでしょうが・・・

 

f:id:fatbike:20170306220531j:plain

全く関係ないですが私は近々にサーファーでデビューしたッス!

しかもうちの長良川自然学校スタッフににサーファーがいるんです。

若いころはブイブイ言わしてたんでしょうね。

いや~うらやましいぜィ。

 

帰りは少し向かい風とアルコールの影響も出てきてグダグダに・・・

f:id:fatbike:20170311135035j:plain

 

だんだんとくまさんから離されていきます~

この辺がクロスとファットの差なんですよね。

f:id:fatbike:20170311135130j:plain

 

遠くにゴール地点が見えます。

 

f:id:fatbike:20170311135427j:plain

片道約18キロほどコースを往復しました。

そしてようやくゴール!

 

f:id:fatbike:20170311135608j:plain

恋路ヶ浜凄い人でした!

f:id:fatbike:20170311135647j:plain

 

ちなみに砂浜はウミガメの産卵地なので乗り物の乗り入れは禁止です。

 

ちかれたぜ~ぃ

 

 

渥美サイクリングロードでポタリング その1

club solo 初イベント開催してきました!

記念すべき最初の活動場所は愛知県の田原市

 

渥美サイクリングロードでポタリングをしてきました。

勿論、前夜祭もやりましたよ。

海を見ながら一杯やりたかったんですが恐ろしいほどの強風で断念。

キャンピングカーの中でやりました。

毎度のことですがグダグダ飲んで朝は二日酔い・・・

 

午前中の軽快なポタリングにはこの音楽を・・・
Billy Joel - Piano Man (with lyrics)


ビリー・ジョエル ピアノ・マン Billy Joel Piano Man

f:id:fatbike:20170305213311j:plain

スタート地点は伊良湖岬に近い恋路ヶ浜の駐車場。

ここはトイレもあり迎えにはお店も並び便利です。

でも大アサリなど魚介類の誘惑が強いです。

近くには道の駅伊良湖クリスタルボルトもあります。

そこからフェリーで鳥羽まで1時間ほどで行けますよ。

でもコンビニやスーパーは近くにはありません(あるかもしれないけど見つけれなかった)

買い出しは田原の街中で済ませるのが良いでしょう。

もしどこかあれば教えてください。

この季節は菜の花が綺麗です。

f:id:fatbike:20170305214112j:plain

花を見ながらのポタリングです。

地元の方が植えているんでしょうね。


菜の花畑でポタリング

菜の花を見たら海の方へ向かいます。

海沿いに渥美サイクリングロードがあります。

f:id:fatbike:20170305214802j:plain

道を抜けると・・・

f:id:fatbike:20170305214846j:plain

 

海でした!

f:id:fatbike:20170305214917j:plain

 

海なし県に住んでいるので海が見えるのはうれしいですね。

しかも太平洋、水平線が綺麗に見えます。

景観的には熊野灘をほうふつさせるような感じですね。

途中、菜の花まつりの会場も通りました。

思ったよりもデカいイベントでしたね。

f:id:fatbike:20170305215143j:plain

残念ながら少し時間が早すぎて屋台がまだでした。

でもすごい菜の花畑でしたよ!

f:id:fatbike:20170305215237j:plain

キンキンに冷えた飲み物を楽しみにしていたんですが・・・

気を取り直してサイクリングロードへ

https://www.instagram.com/p/BRMis2CFSBh/

Instagram

海沿い走るの楽しいのですがサイクリングロードは快適すぎて飽きてきます。

やはり多少のアップダウンや何かちがうものや地元の人に会うとかがほしいです。

海を見ていたり散歩している人いは大勢で会いましたが・・・

f:id:fatbike:20170305220319j:plain

まあ贅沢と言えばぜいたくな悩みなんですが・・・


渥美サイクリングロード

それでも昨日と違い風が無かったので快適でしたね。

昨日の風やったら絶対に断念していたと思います。

f:id:fatbike:20170305220634j:plain

途中まで快適でしたがサイクリングロードが途切れているところがあります。

f:id:fatbike:20170305220804j:plain

 

ビミョーに面倒くさいですがこれもアクセントですよね。

f:id:fatbike:20170305220911j:plain

 

海沿いにはビニールハウスが多くその間をすり抜けていきます。

道的には比較的穏やかです。

アップダウンも比較的少なく私みたいなヘタレチャリダ―にも優しい道です。

何台か自転車ともすれ違いました。

そうこうするうちに再びサイクリングロードが出てきました。

f:id:fatbike:20170305221610j:plain

入り口を見るとなんだか入りにくそう。

誰がこんなもの作ったんでしょうかねぇ?

しかも階段を下りて行かないといけません。

f:id:fatbike:20170305222221j:plain

 

こりゃないよね~

 

 

 

 

 

club solo

club soloを立ち上げました。

 

自然、アウトドアが好きな人

そして自立してる人、したい人へ。

 

自然学校のスタッフ、会員、非会員、まったく関係のない人、

自己責任で参加できる方ならどなたでも参加できます。

群れずに活動できる人のみご参加ください。

月一回くらいのペースでイベント開催予定です。

 

 イベント内容として自転車、カヌーツーリング、キャンプ、キャンピングカー、

サーフィン、素潜り、ダイビング、昼寝、飲み会など思いついたことを

参加していただける皆さんと考えながらやっていきたいと考えています。

得意分野をぜひ教えてください。

そこからできることを広めていきたいと考えています。

 

さて、club soloの初ブログ記事です。

今回はブログをお引越しをしてはてなブログさんにお世話になることになりました。
まあ最初ということで今話題の伊代チャンでも聞きながら読んでください。


松本伊代 センチメンタル・ジャーニー (1982)

 

 captain nicoも若いころ、海外に出れば人生が変わる、生き方が変わると

思い、会社を辞め海外を放浪してました。

野田知佑の「北極海へ」に大いに影響されています。

でも、そんなことでは人生変わりませんし、生き方も変わりません。

途中で仕事を辞めて逆に不利な状況だったと思います。

 しかし、私にとって海外を放浪した1年半の経験がその後徐々に効いてきました。

視野が広がり柔軟な考えを持つことができるようになりました。

単独で行動していたのも好走し自分の考えを持ち行動ができるようになりました。

そういう考えもあり「長良川自然学校」を設立しようと思いました。

同じ考え方を多くの人に伝えたいそしてできれば子供のころから伝えたいと

思っています。

 

 今年で14年目、よく続いていると思います。

私の力だけでは全く無力だったと思います。

これも参加者の皆様やお手伝いいただいているスタッフのおかげだと思います。

そしてこのような活動に助成してくれる団体のおかげだと思います。

 

 様々な皆様のお力添えで活動が続いています。

そして、その活動の中で大事なことを思い出しました。

私の若いころの志と同じような思いを持った人やそのような考えで生きてきた人と

意見を共有できる場を作りたいと思い今回、club solo を立ち上げました。

もちろん、心の奥底でそんな考えを持ってるがいろんなしがらみでだせないという人も

いるでしょう。

 

 そういう人たちの心を開く場としてもありたいと思います。

 

 遊びにこいや~