読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

club solo

全日本ファットバイク連盟 岐阜県本部

club solo

club soloを立ち上げました。

 

自然、アウトドアが好きな人

そして自立してる人、したい人へ。

 

自然学校のスタッフ、会員、非会員、まったく関係のない人、

自己責任で参加できる方ならどなたでも参加できます。

群れずに活動できる人のみご参加ください。

月一回くらいのペースでイベント開催予定です。

 

 イベント内容として自転車、カヌーツーリング、キャンプ、キャンピングカー、

サーフィン、素潜り、ダイビング、昼寝、飲み会など思いついたことを

参加していただける皆さんと考えながらやっていきたいと考えています。

得意分野をぜひ教えてください。

そこからできることを広めていきたいと考えています。

 

さて、club soloの初ブログ記事です。

今回はブログをお引越しをしてはてなブログさんにお世話になることになりました。
まあ最初ということで今話題の伊代チャンでも聞きながら読んでください。


松本伊代 センチメンタル・ジャーニー (1982)

 

 captain nicoも若いころ、海外に出れば人生が変わる、生き方が変わると

思い、会社を辞め海外を放浪してました。

野田知佑の「北極海へ」に大いに影響されています。

でも、そんなことでは人生変わりませんし、生き方も変わりません。

途中で仕事を辞めて逆に不利な状況だったと思います。

 しかし、私にとって海外を放浪した1年半の経験がその後徐々に効いてきました。

視野が広がり柔軟な考えを持つことができるようになりました。

単独で行動していたのも好走し自分の考えを持ち行動ができるようになりました。

そういう考えもあり「長良川自然学校」を設立しようと思いました。

同じ考え方を多くの人に伝えたいそしてできれば子供のころから伝えたいと

思っています。

 

 今年で14年目、よく続いていると思います。

私の力だけでは全く無力だったと思います。

これも参加者の皆様やお手伝いいただいているスタッフのおかげだと思います。

そしてこのような活動に助成してくれる団体のおかげだと思います。

 

 様々な皆様のお力添えで活動が続いています。

そして、その活動の中で大事なことを思い出しました。

私の若いころの志と同じような思いを持った人やそのような考えで生きてきた人と

意見を共有できる場を作りたいと思い今回、club solo を立ち上げました。

もちろん、心の奥底でそんな考えを持ってるがいろんなしがらみでだせないという人も

いるでしょう。

 

 そういう人たちの心を開く場としてもありたいと思います。

 

 遊びにこいや~